意外と知らない足の裏と姿勢の関係

意外と知らない足の裏と姿勢の関係

意外と知らない足の裏と姿勢の関係

 

 

柔軟な軸ができたら次は足の裏で踏みしめる必要があります。
足の裏をしっかりと踏みしめることで軸の土台を安定させるのです。

 

 

あなたは普段、足の裏の体重のかかり方を意識していますか?
実は足の裏の体重のかかり方は姿勢の土台であり、とても大切です。

 

 

土台が不安定だとバランスが崩れる

足の裏はからだの中で唯一地面にくっついている部分です。
つまり姿勢の土台になっていますが、
この土台が不安定だと上にあるからだのバランスが崩れるのです。

 

 

試しに3分ほどかかとに体重をかけて立ってみてください。
その時にからだのどこに力が入ってきますか?
(めんどくさがらずにぜひ体験してみてください♪)

 

意外と知らない足の裏と姿勢の関係意外と知らない足の裏と姿勢の関係

 

次第に腰や太ももに緊張が入ってきませんか?
そして腰が反り始め、首は前に突き出てきます。
かかとにかかった状態はバランスが悪いため、
自然に腰を反らしたり、太ももに力を入れて踏ん張ろうとするのです。
これが猫背や腰反りをつくる原因の1つになります。

 

 

日常生活においても同じです。
もし、かかとや足の外側に多く体重がかかっている場合、
あなたの土台は不安定になり、バランスが悪くなってしまいます。
その結果、自然と軸をゆがませて対応するのです。

 

 

生活の中で足の裏を踏みしめる

ではどうすれば体重のかかり方が変わるのでしょうか?
体重のかかり方を整えるには3つの手順があります。

 

  1. 普段の体重のかけ方に気付く
  2. からだにとって楽な体重のかけ方をつかむ
  3. 体重のかけ方を習慣にしていく

 

普段の体重のかけ方に気付く

まず、足の裏の体重のかけ方に気づく必要があります。
自分が普段、足裏のどこに体重をかけているかを知るのです。
足の裏の体重のかかり方をチェックを参考に)

 

 

からだにとって楽な体重のかけ方をつかむ

次になるべく足の裏全体に体重がかかるようにしてみます。
特に体重を前後左右に動かしながら自分が楽な位置を探しましょう。
だいたい下の図の位置に体重がかかっている時が
足の裏全体に体重がかかり、楽に立てると思います。

 

 

意外と知らない足の裏と姿勢の関係

 

 

まずは自分のからだに意識を向けて、
自分にとって楽な位置を探っていくといいですよ。

 

 

体重のかけ方を習慣にしていく

最後に生活の中で体重のかけ方を習慣にしていきましょう。
信号待ちや家事の合間に足の裏のどこに体重がかかっている意識してみるのです。
意識するだけでからだは勝手に調整し始めるので効果がありますよ。

 

 

特に長時間立った後や疲れている時は
普段の体重のかかり方がからだに表れやすいので整えていきましょう。

 

 

 


スポンサーリンク

意外と知らない足の裏と姿勢の関係関連ページ

弛める
正しい姿勢は美しさだけでなくこころとからだの健康にもつながります。姿勢矯正で美しさ、健康、知力、腰痛や肩こりまで改善することができるのです。このページでは姿勢矯正に必要なストレッチについて紹介していきますよ。
軸をつくる
正しい姿勢は美しさだけでなくこころとからだの健康にもつながります。姿勢矯正で美しさ、健康、知力、腰痛や肩こりまで改善することができるのです。このページでは姿勢矯正に必要な軸づくりについて紹介していきますよ。

 
姿勢の効力 姿勢がゆがむ原因 姿勢チェック 姿勢矯正法 姿勢矯正用具