姿勢を正す3つのステップ

姿勢を正す3つのステップ

姿勢を正すためには以下の3つのステップがあります。

 

  1. 弛める
  2. 軸をつくる
  3. 踏みしめる

 

からだを弛めて柔軟にする

まずからだを弛めて柔軟にする必要があります。
からだのあちこちに力みがあって硬い場合は姿勢も変わりにくいのです。
最初はからだを弛めるという感覚をつかんで柔軟にすることが大切です。

 

 

軸をつくってまっすぐになる

次に軸をつくる必要があります。
からだの軸が曲がった部分をまっすぐに整えることで姿勢をつくります。

 

 

踏みして土台をつくる

最後に踏みしめる必要があります。
まっすぐの軸を安定させるために
足の裏をしっかりと踏みしめる感覚をつかんでいきます。

 

 

この1.弛めると 2.軸をつくる 3.踏みしめる は相互に関係しています。
個人の特徴や癖によっても変わりますが、
この3つの感覚をつかむことで姿勢は確実に変わります。

 

 

ちなみにからだの使い方を極めるとこんなことができます。

 

 

私は実際にワークショップにも参加しましたが確かにからだの使い方
ひとつで動作や力の強さは変わることを体験できました。
また、動きの形ではなく感覚を大切にされているところが
とても納得のいくものでした。

 

 

ではまずはからだを弛めることについてお伝えしていきますよ!!

 

姿勢を正す3つのステップ記事一覧

姿勢矯正はストレッチでからだを弛めることから

あなたは普段、ストレッチを行っていますか?姿勢を矯正するためにはまずからだを弛めて柔軟にする必要があります。からだのあちこちが緊張して硬い場合は姿勢も変わりにくいのです。弛めることで緊張をとり、柔軟なからだをつくるためには3つの手順があります。緊張に気付く緊張が弛む感覚をつかむ緊張を弛めるからだの緊...

≫続きを読む

 

良い姿勢はからだの軸をつくることでできる!!

からだを弛めた後は軸をつくる必要があります。軸がゆがんだままだとゆがみを補うためにからだを緊張させてしまうからです。では軸とはどういうものでしょうか?日本の武道でそれは「正中線」、「中心線」と言います。野球やゴルフなどのスポーツ界では「軸」、「体軸」、「身体軸」と言います。バレエやダンス、スキーなど...

≫続きを読む

 

意外と知らない足の裏と姿勢の関係

柔軟な軸ができたら次は足の裏で踏みしめる必要があります。足の裏をしっかりと踏みしめることで軸の土台を安定させるのです。あなたは普段、足の裏の体重のかかり方を意識していますか?実は足の裏の体重のかかり方は姿勢の土台であり、とても大切です。土台が不安定だとバランスが崩れる足の裏はからだの中で唯一地面にく...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク


 
姿勢の効力 姿勢がゆがむ原因 姿勢チェック 姿勢矯正法 姿勢矯正用具