知らなきゃ危険!!O脚になる3つの原因

O脚の3つの原因

知らなきゃ危険!!O脚になる3つの原因

 

 

スカートを履いておしゃれを楽しみたいけどO脚が気になって履けない・・・
O脚の方にはこのような悩みもあるのではないでしょうか?

 

 

O脚とはつま先とかかとをきちんと付けて真っ直ぐに立った時、
膝が離れている状態を指します。
膝がくっつかないで足がOの形になるためO脚といわれています。

 

 

実は日本人の約9割はO脚であるといわれています。
O脚だと見た目もカッコ悪くなり、膝痛の原因にもなってしまいます。

 

 

O脚の3つの原因は?

ではなぜO脚になってしまうのでしょうか?
O脚の人は以下のような原因が考えられます。

 

  1. 股関節がかたく内側にねじれている
  2. 反張膝となり、膝が反っている
  3. 足の裏の体重のかかり方が後方と外側に偏っている

 

股関節がかたく内側にねじれている

からだは全体でバランスをとっています。
膝がO脚になっている人は膝がゆがんでいると思いがちですが、
実は股関節が原因でO脚になっている場合もあります。

 

 

下の図を見て下さい。

 

知らなきゃ危険!!O脚になる3つの原因

 

股関節がかたく内側にねじれている人は膝も内側にねじれます。
ねじれの結果、O脚に見えるという人もいるのです。

 

 

そのような方は股関節がかたいため、長座前屈が苦手な傾向があります。
あなたは股関節をしっかりと動かすことができますか?

 

      股関節が動かない人          股関節が動く人
   知らなきゃ危険!!O脚になる3つの原因    知らなきゃ危険!!O脚になる3つの原因

 

 

反張膝となり、膝が反っている

また、O脚の人は反張膝の傾向も表れます。
股関節のかたさと連動して膝が反張すると膝が外側に膨らんで見えるのです。

 

 

この反張膝の傾向が表れている人は注意が必要です。
将来、膝を痛める可能性が高いからです。
若いうちに矯正しておく方がいいですよ。

 

 

足の裏の体重のかかり方が後方と外側に偏っている

O脚の原因の一つとして足の裏の体重のかかり方があります。
これは知っている方が少ないのですが、
実は足の裏が姿勢に与える影響はとても大きいのです。

 

 

知らなきゃ危険!!O脚になる3つの原因

 

 

   O脚が気になるという方は
   足の裏の体重のかかり方を意識してみましょう。
   O脚の方はかかとの外側に多く体重が
   かかっていませんか?
   (足の裏の体重のかかり方チェック

 

   わからないという方は靴の裏を見ると
   かかとの外側が減っていると思います。

 

 

 

 

 

O脚の方が足裏の外側が高い足底板を靴に入れるのは
体重のかかり方を正常に戻すために行っています。
ただし、足底板を使用してもO脚となっているからだの使い方が
変わるわけではありません。
使い方を変えていきながら使用していくとさらに良いですよ!!


スポンサーリンク


 
姿勢の効力 姿勢がゆがむ原因 姿勢チェック 姿勢矯正法 姿勢矯正用具