看護師は立ち仕事で腰痛になる?その原因は・・・

看護師は立ち仕事で腰痛になる?その原因は・・・

看護師は立ち仕事で腰痛になる?その原因は・・・

 

 

「立ち仕事がつらい・・・。動くだけで腰が痛い・・・。」
看護師にとって腰痛は身近で、大きな悩みといえます。
看護師は仕事の大半が腰に負担のかかる立ち仕事なだけに
腰を痛めてしまうとひどくなるばかりです。
中には腰痛で仕事を変えたいという方までいます。

 

 

看護師は立ち方で腰を痛める

では看護士がなぜ立ち仕事で腰痛になるのでしょうか?

 

それは反り腰の人が多いからです。
特に看護師の方は医療職ということもあって健康への意識も高く、
姿勢も正しい姿勢でありたいという気持ちが強い方が多いです。

 

 

そのため、ビシッと背中に力を入れて立つ方が多いのです。
その結果、反り腰になってしまうのです。

 

看護師は立ち仕事で腰痛になる?その原因は・・・

 

 

正しい立ち方が腰痛を変える

そこで、反り腰を変えるためにまず股関節を柔軟にすることが大切です。
まずはからだを弛めて正しい姿勢を作りやすくします。

 

 

その次に体重のかかり方をかかと中心から
足裏全体にかかるように意識して立ちます。

 

 

これだけで姿勢は徐々に変わっていき、腰痛もなくなってきます。
ぜひ、継続されて腰痛が改善されるといいですね。


スポンサーリンク


 
姿勢の効力 姿勢がゆがむ原因 姿勢チェック 姿勢矯正法 姿勢矯正用具