痛みが起こる2つの原因

痛みが起こる2つの原因

痛みは本人しか体験しえない感覚であり、とても不快な感覚です。
痛みが強い場合は痛みがさらなる痛みを呼び込むという
痛みの悪循環にも陥りがちです。

 

 

痛みの原因には大きく分けて2種類のものがあります。

 

  • 心因性の問題
  • 身体機能や構造の問題

 

心因性の問題

痛みには心因性の問題というものがあります。
多くの方は痛みはからだに問題であると考えがちですが、
痛みは当人の考え方に大きな影響を受けます。

 

 

例えば、どこか痛みがあったとしても自分の好きなことや
おしゃべりに夢中になっていると痛みを忘れるということはありませんか?
痛みというのはこころの状態に大きな影響を受けているのです。

 

 

現在、ストレスなど心因性の問題と関係のある病気としては
胃潰瘍、胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、
神経性嘔吐、本能性高血圧、過呼吸症候群、気管支ぜんそく、
偏頭痛、筋緊張性頭痛、関節リウマチ、腰痛症、頸肩腕症候群、
緑内障、メニエール症候群、心臓神経症など様々な疾患があげられています。

 

 

また、うつ病や神経症などのこころの病にかかっている方の多くが
肩こりや腰痛などの痛みを訴えています。

 

 

身体機能や構造の問題

身体機能や構造の問題としては大きく分けて以下の2つのものがあります。

 

  • 身体外部の痛み
  • 身体内部の痛み

 

また、通常痛みは心因性と身体機能や構造の痛みの両方を
あわせ持つものがほとんどです。

 

 

次はストレスや不安からくる痛みについてお伝えします!!

 

痛みが起こる2つの原因記事一覧

痛みの不思議!!ストレスや不安が原因で痛みは起こる

あなたはなぜからだに痛みが起こると思いますか?私がよく聞く答えはこのようなものです(笑)。年だから筋力が弱いからヘルニアだから痛みはストレスや不安と密接な関係がある実はそれは先入観にすぎません。一部の専門家も含めて痛みの原因はからだの構造的な異常とか筋力の低下からくるものだとする考えをもっています。...

≫続きを読む

 

からだの機能障害が原因で起こる痛み

からだの機能障害が原因の痛みには身体外部と内部の痛みがあるとお話しました。身体外部の痛み身体外部の痛みとはからだの表面の痛みのことです。多くの場合は火傷など外部からの刺激によって起こります。擦り傷や切り傷熱刺激による火傷皮膚の炎症身体内部の痛み身体内部の痛みとは外から見ることができないからだの内部に...

≫続きを読む

 

歳のせいじゃない!!姿勢と痛みの不思議な関係!!

「肩こりが悩み」「長い間立つと腰が痛くて・・・」このような話をしている方をみると99%の場合、猫背や反り腰など姿勢のゆがみがみられます。なぜ痛みを抱えている方は姿勢のゆがみがあることが多いのでしょうか?痛みが出るようなからだの使い方が姿勢に表れている一般的に姿勢が悪いから痛みが出ると言われていますが...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク


 
姿勢の効力 姿勢がゆがむ原因 姿勢チェック 姿勢矯正法 姿勢矯正用具